ウィスキーの魅力

そもそもウィスキーって何?

日本酒や焼酎も人気があるお酒ですが、お酒といえば「焼酎」を忘れるわけにはいきません。
このウィスキー、実は「もともとはビールだった」ということをご存知でしょうか。まったく違う味わいのビールとウィスキーですが、実は兄弟の様なお酒なのです。
ビールというのは、ご存知のとおり「麦」から作られています。
麦から作られたビールに、錬金術の技のひとつであった「蒸留」という技術を加えて作り上げたのがウィスキー。
どうやってこの発想に至ったのかは定かではありませんが、ビールにひと手間加えることで「ウィスキー」というまったく違ったお酒が出来上がりました。今では、ビールもウィスキーもそれぞれの魅力を発揮しつつ多くの人に愛されています。
参考サイト:ウイスキー

ウィスキーの種類

ウィスキーにもいろいろな種類があり、それぞれ特徴のある味わいがあります。まず、挙げておきたいのがシングルモルト・ウィスキー。大麦麦芽を使って作られたシングルモルト・ウィスキーは、蒸留所で作られた作られた原酒をまぜて作ったもの。
対して、シングルカスク・ウィスキーは、水も他の原酒も使わずに作られるウィスキーです。
他にも、グレーンウィスキーやブレンテッド・ウィスキーなど、数々の種類のウィスキーが。それぞれが特徴を持ち、味わい深い味を演出しています。

ウィスキーの魅力について考えてみる

ウィスキーの魅力といえば、やはりいろいろな飲み方ができることでしょう。
例えば、ストレートで飲めばそのウィスキーの味わいをしっかりと感じることができます。
また、有名なのが「オン・ザ・ロック」ですね。オン・ザ・ロックとは、グラスに大きな氷を入れてそこにウィスキーを入れて飲む方法。最初は濃い濃度ですが、氷が解けるにしたがってまったく別の味わいになることがオン・ザ・ロックの特徴です。時間によって変わっていくウィスキーの味わい深さを知ることができる飲み方ですよね。
また、「ハイボール」はウィスキーを炭酸水で割ったもの。水で割るのと炭酸水で割るのでは味わいがまったく異なりますので、この違いを楽しむ人もいるそうです。

この様に、いろいろな飲み方がえきるのはウィスキーならではの魅力。
一本のウィスキーでいろいろな味わいを楽しむことができますので、自分にぴったりの楽しみ方を知りたいですね。カクテルやウーロン茶で割るといった方法もあり、その日の気分によって飲み方を変えるというのもよさそうです。