カクテル別・グラスのタイプ

色々な種類がある

カクテルグラスは、日本酒やワインなどと違い、様々な種類のグラスがあります。
これはカクテルには色々な種類があり、容量も違うために、それぞれのカクテルを美しく見せるためなどの理由でカクテルグラスを使い分けます。
もちろん容量を多くして作れば作ることも可能ですが、日本では昔は小さいサイズのカクテルグラスが一般的であり、それに合わせてカクテルも作っていました。
それが時代と共に次第に容量が多くなり、最近は大きめのグラスを使うことも多いです。

グラスのタイプ

それではカクテルグラスを紹介します。

・オールド・ファッションド・グラス
背が低く円形のグラスであり、ウイスキーなどにも使われます。
口径が広いので大きめの氷も入れることが出来、丸く削った氷を入れることも多いです。
ロックで飲むときによく使われます。

・カクテル・グラス
カクテル専用のグラスであり、カクテルでしか使われません。
逆三角形になっており、手で持つ柄の部分があり、テーブルに置く部分が丸くなっています。
このグラスではグラスを傾けても飲めるので、ショートグラスと呼ばれるカクテルが作られるときに使われるグラスです。

・ゴブレット
コップと呼ばれるタンブラーであり、ワインなどを入れるときにも使われます。
ソフトドリンクなどの氷を沢山使う飲み物にも使われるグラスです。
容量は大きい物で300mlもあり、カクテルグラスと比べると容量が多いです。

・コリンズ・グラス
トールグラスとも言われており、円筒形の背の高いグラスです。
容量は大きい物で360mlもあり、フィズなどのカクテルで使われます。
更に背の高いグラスはチムニーと呼ばれ、煙突という意味があります。

・サワー・グラス
その名の通りサワーを飲むためのグラスであり、口がチューリップの花びらのように広がっています。
脚付きのものが日本では使われますが、海外では平底のものが使われます。

・シェリー・グラス
その名の通り、シェリーを飲むためのグラスです。
シンプルなデザインでありながら、ウィスキーなどを飲むときにも使えます。

・ショット・グラス
ウィスキーを飲むときのグラスであり、ストレートで飲みます。
小さい物は容量30mlであり、一口で一気にウィスキーを飲みます。
底が厚くなっており、壊れにくいグラスです。

・タンブラー
別名ハイボールグラスと言います。
ハイボールやジントニック、ソフトドリンクを飲むときに使います。
昔は底が丸くなっており、立てると倒れるので、そこから倒れるという意味のタンブラーになりました。

・リキュール・グラス
リキュールを飲むためのグラスであり、ストレートで飲みます。
脚付きのグラスであり、リキュール以外にもウォッカやテキーラやラムなどを飲むときにも使われます。