通夜ぶるまいのマナー

通夜ぶるまいって何?

通夜ぶるまいとは、通夜で故人に対面した後に行われるふるまい(料理)のこと、
これにはきちんと意味があって、通夜ぶるまいというのは、故人とともに食べることができる最後の食事なのです。
参考サイト:通夜ぶるまいってこういうもの

通夜に出席する人は、何かしら故人との思い出があるでしょう。
そういった思い出を、料理を食べながら振り返るわけです。また、故人に会いにきてくれた人に対してのお礼という意味もあるそう。この通夜を最後に、故人を空におくることになります。
通夜ぶるまいで出さ絵れる料理は精進料理が多いのですが、最近はそれだけでなく肉料理など洋食も普通に出されるようになりました。通夜ぶるまいを行わずにお酒と折り詰を渡すところもありますが、やはり故人のことを考えて通夜ぶるまいをするところは多いみたいですね。
さて、ここで難しいのが「通夜ぶるまいでのお酒の飲み方」。
通夜ぶるまいでは、どういったお酒の飲み方をすればいいのでしょうか。

お酒に飲まれるような飲み方は絶対にNG

まず、お酒に飲まれるような飲み方は絶対にNG。これはマナーとして必ずおさえておきたいところです。
通夜というのは故人との最後の対面であり、さらに静かに思い出を語る場でもありますので、酔って騒ぐような飲み方はご法度。間違っても酔って歌うなんてことはないようにしてください。
理想をいえば、お酒は飲んだとしても一杯程度で終わらせること。あとは遺族の邪魔にならないようにタイミングを見計らって退出することが求められます。
お酒が入ると、ついつい長く飲んでしまうもの。また、故人が親しい人の場合はその場を去りがたく、腰をあげられないという場合も多いです。突然の死ならなおさらですよね。その様なこともありますので、できるだけタイミングを見て出る工夫をしておきたいものです。

通夜では見送りません

通夜では、遺族は訪問してきたお客さんを見送るということがありません。
それがしきたりなので、見送りが必要になるようなことはしないことがルールです。
また、遺族は故人が亡くなったことで大きなショックを受けているだけでなく、葬儀にむけて準備をしなければならないなど、かなり過酷な時間を過ごすことになります。それを考えても、邪魔にならないように退出するのが一番ではないでしょうか。簡単な挨拶をして、負担をかけないようにその場を離れましょう。
お通夜は他の訪問客にとっても遺族にとっても非常に大切な場。それを汚すようなことは慎まなければなりません。