焼酎の魅力

焼酎ってどんなお酒かご存知ですか?

日本で愛されているお酒といえば、「焼酎」を忘れるわけにはいきません。
焼酎とは、蒸留酒のことで、アルコール含有物に「蒸留」という作業を加えてできるものです。
実は、お酒は3つの種類に分けることができます。
私たちにとって馴染みが深いビールや日本酒は「醸造酒」。リキュールなどの混成酒。そして、ウィスキーやブランデーと焼酎は「蒸留酒」という酒類に分別されるそう。ウィスキーやブランデーと焼酎ではまったく違ったお酒の様に思いますが、実は同じ種類であるということですね。
ちなみに、蒸留の方法も「高温をつかて蒸留する常圧蒸留」と、「低温で蒸留する蒸留」のふたつが。
もちろん、どちらにするかでお酒の味わいもだいぶ変わってきますので、目指す味に沿って方法を変えていきます。では、ここで焼酎の種類について記述をしましょう。
参考サイト:本格焼酎の種類

米焼酎

焼酎といえば、米焼酎を思い出す人も多いはず。
米焼酎とは、「米」「米麹」の二つをつかって蒸留させたお酒のこと。
まずは米を精製し、そこに米麹を加えて作ります。わりと日本ではメジャーな焼酎ですが、一番の生産地は熊本県。熊本県には多くの焼酎酒造があり、それぞれが特徴ある焼酎を作り上げています。
焼酎の初心者でも飲みやすいと言われていて、香り・味わいはまるで吟醸酒の様だとか。
米焼酎は比較的どれも人気ですが、近年は「原点回帰」という形で「本来の焼酎の作り方で作られたもの」が人気に。

芋焼酎

芋焼酎で使われるのは「サツマイモ」。
サツマイモに、米麹や麹を加えて作られるのが「芋焼酎」です。
芋焼酎を作るにはポイントがあり、多くの場合「麹」ではなく「米麹」を使うことがメインとか。これにはきちんと理由があり、サツマイモには焼酎を作るために必要なでんぷんがあまり含まれていないので、きちんとアルコールにするために米麹を使うそうです。こうして出来上がった芋焼酎は、焼酎の中でも香りが深いのが特徴。香りに関しては、ほかの焼酎と比べても非常に良いそうで、これは芋焼酎ならではのポイントになりそうです。
現在はサツマイモに麹のみを使って作られた芋焼酎も作られ、注目されています。サツマイモが使われるということで、サツマイモで有名な鹿児島で多く生産されています。

他にも、麦焼酎や黒糖焼酎、そば焼酎、栗焼酎などいろいろな種類が。
それぞれ味わいも香りも異なりますので、自分だけのお気に入りを見つけてみて下さい。