お酒に関わる職場の話

人材確保が難しくなっている飲食業界

お酒職場当たり前の話ですが、飲食店では、仕事ができる・長く続けてくれるという優良人材を探しています。

飲食店のお仕事は難易度が高め。
あのファミリーレストランであっても、忙しい中でしっかりとお客さんを捌き、さらには笑顔で接客するというスキルが必要になります。
こういった業務をこなすことができる人材を育てるには、時間も経費も必要。
このためか、最近の飲食業界では、最初からある程度のスキルを持っている人材を選びたがるきらいがあります。

しかし、そのような人材確保は難しい上に、最近は飲食業界で働こうとする人自体が減少しています。
飲食業界はお仕事もハードですし、そのわりに時給が低いと思われがちなので、どうしても避けようとする人が多いのでしょう。

飲食業界の求人

このため、飲食業界では、募集のハードルを下げるという取り組みも行っていますが、ハードルを下げればそれだけサービスの質が下がる可能性もあるわけです。
おいそれと行うことができるわけではありません。
つまり、採用のハードルというのは非常に高くなっているのです。

また管理栄養士という人材も飲食業界では非常に重要な戦力となります。

(参考)管理栄養士の求人 – フードキャリア

こういったところに求人を出せば、応募をしてくるのは飲食店での仕事に興味がある人ですし、ある程度経験があるという人も多いですよね。
もしかすると、将来的には、自分の右腕となってくれるような人材に出会うことができるかもしれません。

飲食店を開くうえで、とにかく人を選んで採用するというのは大切なこと。
正直、同じような居酒屋はたくさんあるわけで、その中でどうしてその飲食店を選ぶか?といったら、オーナーの人柄です。
その人に会いたいと思ってお店に行く、そういうお客さんを増やすことは死活問題になるでしょう。

だからこそ、人材を選ぶところには十分にこだわりたいもの。
求人サイトを利用して、良い人材と出会いたいものです。