ブランデーの魅力

ブランデーってなに?

日本でも数多くの種類がつくられているブランデー。
では、そのブランデーがどんなものかをご存知でしょうか。
ブランデーは、果物を使った蒸留酒のことです。
この「ブランデー」という言葉は「焼いたワイン」が語源になっているそうで(ウィキペディアより)、まさに蒸留酒のことを指しているのが解りますね。
そんなブランデーですが、日本にファンがいるのはもちろん世界にマニアがいます。

基本的に、ブランデーの材料はブドウです。
ブランデーをみても、やはりブドウを原料としているものが多いでしょう。
しかし、ブドウ以外にもさくらんぼを使ったブランデーが作られているそうで種類がふえつつあります。

ブランデーの魅力

ブランデーの魅力は、やはり「色々な楽しみ方ができる」ということでしょう。
ひとつではなく色々な楽しみ方ができるからこそ、ブランデーの魅力に取りつかれているというひとも多いです。
また、多くの楽しみ方があるからこそブランデーの魅力を探すというひともいるそう。
自分だけが知っているブランデーの魅力。それがあれば、ぜひ探してみたいですよね。

ブランデーの魅力を楽しむなら、まずは基本のストレート。
チューリップのような形をしているグラスに浅くブランデーを注ぎましょう。
グラスに注いだブランデーの色を楽しむのもいいですし、手でグラスを温めて香りを楽しむのもいいでしょう。
ストレートなブランデーの魅力を楽しむなら、じっくりと味わいたいものですね。
このストレートが一番ブランデーの魅力そのものを堪能できるのではないかと思います。

ブランデースピリッツァー

ブランデーを炭酸で割り、フルーツなどを入れて飲むのがブランデースピリッツァーです。
炭酸を入れると、ブランデーがはじけるような味わいになり楽しみやすくなるでしょう。
また、フルーツを入れるのでよりフルーティーになったブランデーを楽しみます。
ブランデースピリッツァーは自分で炭酸との割合を決めますので、自分が一番飲みやすい割合に割ってみることをお勧めしたいと思います。
ブランデースピリッツァーは自分で好きなのみかたを考えて楽しみたいお酒ですね。

オンザロック

ブランデーと言ったらやっぱりこれですよね。
氷を入れて飲むブランデーは、ちょっと大人のお酒の楽しみ方というイメージがあります。
これも、自分で好きなのみかたを探してみるといいですよ。
グラスを冷やして、氷も大きなものを使って少しずつ氷を溶かして…。
じっくりとブランデーと向き合う、そんな楽しみ方ができるのがオンザロックの特徴です。