日本のマナー

忘年会や新年会、あるいは歓送迎会など、お酒を飲む機会の多い社会人

無礼講と称してどんちゃん騒ぎをすることもありますが、やはりそれでも社会人として覚えておかなくてはいけないお酒のマナーというのもあります。そういうマナーをしっかりと頭に入れておけば、いざという時に困りませんし、相手を不愉快にさせるという心配もいりません。

社会人として身につけておきたいお酒のマナーとはどういうものなのでしょうか。
まず、社会人の席で良く飲まれるのが日本酒です。日本酒の場合には他のお酒と違って、それなりに礼儀作法があるので、注意しましょう。それを知らないでお酒をつぐと、相手に不快感を与えてしまうこともあります。

お酒を注ぐ時には、お銚子の中ほどを持って片手で注ぐのが普通のマナーです。時々敬意を表して両手で注いだり、注がれたりすることもありますが、基本的には片手で注ぐのが普通です。しかし、女性の場合には左手を軽くお銚子に添えるようにした方が優雅に見えるでしょう。なお、注ぎ口のないお銚子もありますが、その場合には、絵模様のある方が正面となりますので、そちら側を上にして注ぐようにしましょう。

次に注ぐ時の注意点ですが、お銚子の口先が盃に触れないように盃の上に近づけます。そして、手首を回転の軸としてそっと傾けて注ぐようにしましょう。盃は小さいので、めいっぱい注ぐと飲みづらくなります。八分目ぐらいがちょうど良いとされています。また、注ぎ終わる直前に調子の口先を回すとしずくがたれません。
しばしば、手のひらを天井に向けて注いでしまう人がいますが、これは逆注ぎといって、相手に対して失礼になりますので、手の甲が上を向いた状態で注ぐのが正しい注ぎ方だということを覚えておきましょう。

お銚子の中にお酒が残っているかどうかを確かめる時に、しばしばお銚子を強く振ったり、中を覗いたりする人がいます。しかし、それは端から見ると見苦しいので、お酒が残っているかどうかを確かめたいと思ったら、軽く振る程度にしましょう。

お酒を注がれる方の作法について

普段何気なく持ってしまう盃ですが、ちゃんとした美しい持ち方があります。糸底が高い盃の場合には、右手の中指と薬指の間で盃の糸底をはさみ、親指と人差し指で軽く支えます。女性の場合には盃の下に左手の指を軽く添えて両手でいただくようにすると美しく見えます。
また、お酒は一気のみはマナー違反ですし、体にも良くありません。少しずつ味わうようにしていただくのが正式なマナーです。また、盃に口を寄せて前屈み状態で飲むのも美しい飲み方ではないので注意しましょう。
お酒を注いでもらった時は、必ずいったん口をつけてからテーブルに置くのがベストです。注いでもらってすぐに置くのは失礼にあたります。もしどうしても飲めないというような場合でも、必ず少し口をつけてから置きましょう。

盃が空になっていると、注がれてしまうことが多いので、飲めない人や、もうこれ以上飲めないという場合には、ある程度残しておいて、注がれそうになった時に「不調法ですので」などの言葉を添えて断るようにするのがマナーです。