自宅で作れるカクテルの種類

自宅でカクテルを作ろう!

バーに行こうと思っても、仕事が忙しくてなかなかいけないというひとも多いはず。
「たまにはおしゃれなカクテルで一杯やりたいな」なんてこともあるでしょう。
でも、カクテルはなにもバーだけで楽しむものではありません。
バーにいく時間がなければ、自分でカクテルを作って楽しんでしまいましょう♪
そのうち、カクテル造りが楽しくなりすぎて病みつきになってしまうかもしれませんよ。
ここで、誰にでもできる簡単なカクテルについてご紹介しましょう。

まず、カクテルと言うのは「シェーカーを振ってつくるもの」という誤解があります。
もちろんそういうカクテルは多いですが、実はカクテルと言うのは「注ぐだけ」という簡単なものもあるのです。
お酒を注いで、混ぜるだけで簡単にカクテルをつくることができてしまうのでオススメ。
グラスに注ぐだけなら、誰でも簡単にカクテルをつくることができますよね。
そんな簡単なカクテルをつくる方法についてお話をしてみたいと思います。

ジンやウィスキーをトニックウォーターで割る

トニックウォーターではなく、ソーダで割ってもOKなのがこののみ方。
基本は1:1で混ぜ合わせ、きちんと自分に合うように調整をしていきましょう。

たとえば、赤ワインとジンジャーエールを混ぜるだけで「キティ」というカクテルになります。
他にも、白ワインとレモンソーダを混ぜるだけで「ワインクーラー」というカクテルができてしまいます。
簡単に、しかも身近なものを使って作ることができますので、ぜひ自宅で楽しんでみてください。
作っているうちに、自分に一番合っている濃度が解るのも良いですね。
お店で飲むのと違い、本当に自分に合ったカクテルを手作りできてしまうのがいいところです。

お友達と一緒に飲んでみませんか?

バーではなく、自宅でお友達と一緒にこれらのカクテルを味わってみませんか?
一緒にいろいろなカクテルを作ってみるのもいいですし、美味しいカクテルを楽しむのもいいです。
おつまみを用意しておけば、バーより手軽にお酒を楽しむことができますよ。
中には、シェーカーを買って自分のお酒を本格的に手作りするというひともいるそうです。
ちょっとした趣味にもいいですし、楽しくカクテル作りをすることができたら本当に素敵なことではないでしょうか。ぜひ、こんな素敵なカクテルを作って楽しんでみてほしいと思います。
独自にレシピを公開している人もいるので、参考にしてみるのもありですよ。