二日酔いをしないために

お酒は美味しい、でも二日酔いはちょっと・・・

皆さんは、二日酔いに悩んだことはありませんか?
お酒はとっても美味しいですが、その次の日に二日酔いになってしまったのでは「美味しい」という気持ちもどこかに行ってしまうでしょう。そのくらい二日酔いは辛いもので、楽しい気分も台無しにしてしまうものです。
また、二日酔いをするくらいに飲んでしまうというのは、見た目的にも良くありません。20歳くらいの学生であれば、まだ「ハメを外しちゃったんだな」という笑い話ですみますが、それ以上の大人になると「みっともない」「自制ができない人」という印象を持たれてしまうことも。とにかく、二日酔いというのはイメージが良くないので注意が必要です。顔を真っ赤にしてその辺で寝てしまったり、途中で吐いたり・・・ということがあると、やはりその相手に良い印象を持てなくなってしまいますよね。
アルコールを一度にたくさん飲んでしまうと、急性アルコール中毒になってしまう可能性もあるので注意が必要。命に関わることはありませんが、点滴などの処置をしなければならなくなることもあり、簡単に二日酔いも治りません。
お酒が美味しいのは適度な量だからで、それ以上になるとつらいものになっつぃまうということを頭に入れておいてください。では、二日酔いを防ぐにはどうしたらいいのでしょう。

とにかく、自分の限度量を知る

当たり前のことですが、二日酔いをしないためには「自分の限度量を知る」ということが何より大事です。
大人であれば、「これ以上を飲んだら明日にさわるな」という量が解るはず。二日酔いになってしまうのは、その量が解っていてもお酒の誘惑に勝てず、ついつい飲みすぎてしまうためです。
だからこそ、「これ以上は飲まない」という境界線を引きましょう。決めた料以外は飲まないこと、人に勧められても断り、アルコールなしの飲物だけにするなど工夫が必要です。

相手にも無理にすすめない

よくあるのが、結婚式や宴会の場で相手にたくさんのお酒をすすめられ、断り切れずに飲みすぎてしまったという例です。これで「気づいたら病院だった」ということも少なくないので、人にも必要以上にお酒を勧めないようにしましょう。アルコール中毒はめったに命を落とすことはありませんが、何がおきるか解らない症状でもあります。何か取り返しがつく前に、そのようなことがないように相手のことも思いやらなければなりません。
お酒は節度を持って、自分も相手も・・・ということを頭に入れておきましょう。