高級店のグラスの扱い方について

高級なお店では高級なグラスが出ます

結婚式などのイベントや、たまの贅沢で高いお店に出かけると、そこには本当に高いグラスが出てきます。
高いグラスというのは一般的なグラスと比べて造りがまったく異なるため、一目で高いとわかります。
特に「バカラ」などは触るのも緊張するくらいの高級なグラスですので、扱い方に困るというひともおおいでしょう。なんといっても高級なグラスですから、落として割ったら一大事になります。
また、高級なグラスにはきちんとした扱い方がありますので、それに注意して扱うようにしましょう。
ここで、そんなグラスたちの扱い方についてご紹介をしていきたいと思います。

やってはいけないこと

グラスにお酒を注ぐとき、なぜかグラスに手を添えてしまう人がいますよね。
ドラマやアニメだと、こういった扱い方をしている人が多いので、つい真似をしてしまう人もいるのでしょう。
でも、実はこれはNG。手をそえず、注ぎ終わるのを待つのが正しいスタイルなので、間違わないようにしてくださいね。間違ってしまうと、高級店だけにいやな顔をされてしまうかもしれません。
また、髪をいじるのもNG。
これは高級店だけでなく、食事をする時はNGになることが多いです。
食事をしているとき、髪が入らないようにしているのはちょっとみっともないですよね。
高級店では、マナーとして「髪が入らないようにアップスタイルにする」ということが徹底されています。きちんとマナーを守ったファッションでいきましょう。

そして、これは絶対に守ってほしいマナー。
「乾杯」をするとき、グラス同士を合わせるのはNGです。
居酒屋などの乾杯だと「かちん」と合わせて音を出すことが基本ですが、これをやってしまうと繊細なグラスが傷ついてしまう可能性があります。そのことから、グラス同士を合わせての乾杯はタブーとされていますので、やってしまわないように気を付ける必要があります。

他にもある高級店のマナー

グラス以外でも、高級店に必要なマナーにはいろいろな種類があります。
例えば、パンにそのままかぶりつかないこと。
手で握って、少しずつ口に運びましょう。
また、よくある「スープにパンを浸す」という食べ方は絶対にしてはいけない食べ方ですので気を付けて下さい。
確かに見た目はよくないので、これがダメな理由はなんとなくわかりますよね。

高級店に行く時は、もう一度しっかりとマナーを見直してみることをお勧めします。
マナーを守って、楽しく食事をすることが大切ですよね。