正しいビールの注ぎ方

美味しいビールの注ぎ方

ビールはお酒の席には欠かせない飲み物ですが、注ぎ方で美味しくもそうでなくもなります。
下手に注ぐと、グラスの中にビールの泡が半分以上も入るような注ぎ方となり、一人で飲むなら良いですが、会社の飲み会などで上司にそのような注ぎ方をすると、下手な奴だと思われます。

まずビールのグラスは冷やしておいた方が良いです。
次に半分ぐらいまでは徐々にビールの瓶や缶を高い位置に移動させながら注ぎます。
こうすることできめ細かい泡を作ります。
半分ぐらいビールが注がれたら、次はグラスを斜めに傾けて、グラスの側面にビールを伝わらせて注ぎます。
こうすることで泡が多くなりすぎるのを防ぎ、ビールをグラス一杯に注いだら完成です。

ビールの美味しさを決めるのは、どれぐらいきめ細かくクリーミーな泡を作れるかにかかります。
グラスの上部にあるビールの泡は、ビール自体が空気に触れるのを防ぐ働きもあり、そのために美味しさを保つことも出来るのです。

注ぎ方のマナー

それではビジネスの席などでのビールの注ぎ方はどのようなものでしょうか?

ビール瓶を持つときは、ラベルを手で隠さないようにして、瓶の下を持ちます。
注ぐ際は、瓶を傾けるときはラベルが上になるようにして、見えるようにして注ぎましょう。
あまり勢いよく注ぐと、グラスの中は泡だらけとなりますので、グラスを傾けて泡が多くならないように注ぐと良いです。
泡はグラスの中では全体の3割ぐらいが丁度良いとされています。
注ぐ勢いを調節しながら、泡の量を適量にしていきましょう。
また勢い余ってビールがグラスからこぼれるぐらいに注ぐのは良くないので、ビールの量を見ながら調節していきます。
ビールは泡もありますので、そのことも考えながら注ぎましょう。

ビールを注ぐときも、最初の乾杯の時は気にする必要はありませんが、2杯目からは相手のグラスの中身が無くなってから注ぎます。
グラスがあるからと言って勝手に注ぐのは良くありません。
グラスにビールがある状態で継ぎ足すと美味しくなくなるので、必ずグラスの中が無くなってから注ぐとようにしましょう。

グラスのビールが無くなりそうになっているときは、相手に一言ビールはいかがですか?などと声をかけます。
そのような場合なら、グラスの中に多少ビールが残っていたとしても、グラスを差し出したら注いで構いません。

逆に誰かにビールを注いでもらうときは、グラスを傾けるのがマナーとされていると言う人もいますが、これは別に構いません。
グラスをまっすぐにしておいても良く、自然に瓶の近くにグラスを持っていくと良いでしょう。
また泡が多くなりそうなときは、グラスを傾けてあげると良いです。