さまざまなカクテルメニュー

さまざまなカクテル

カクテルというのは実にたくさんの種類があります。それもそのはずです。いろいろな組み合わせによって生まれるわけですから、その数は無限だと言っても過言ではないでしょう。もちろん、だからといって、やみくもになんでも勝手に混ぜて良いというわけではありません。きちんとカクテルレシピというのもありますし、カクテルにちゃんと名前がついているものもあります。

たとえば、ジントニック。これもまたカクテルの一種です。その名の通り、ジンとトニックを割ったものです。シンプルな中にぴりっとしたジンの味がして、さらに甘みも感じさせる奥深いカクテルで、しかもそのシンプルさゆえにファンも多いのも事実です。

その他にも、いろいろなお酒やリキュールなどでカクテルが作られます。まったりとした南国を味わいたいと思っているのであれば、ココナッツリキュールとコーラをまぜた、通称マリブコークを飲んでみるのも良いでしょう。

カクテルの良い部分

カクテルの良いところは、お酒の濃さをある程度調整できることです。お店の人につくってもらう場合には、アルコールを薄めで、というように頼むこともできるので積極的にカクテルを飲んでみることをおすすめします。最近では飲めない人のためのノンアルコールカクテルというものも出てきました。

そういうものだと誰でも飲めるから嬉しいですよね。
カクテルにはまだ他にいろりろな名前のついたものもありますが、それらの名前をいちいち覚えなくても大丈夫です。

だいたいどういうお酒ということがわかれば、それに合わせて作ってくれるバーテンダーもいます。良くシェイクをしゃかしゃかと振る場面があちこちのバーでも見受けられますが、そのようにしてシェイクしてお酒を作ってくれるところを見るというのも楽しみのひとつといえるでしょう。

カクテルにはこのようにして種類の豊富さ、味の調整、そして見てのお楽しみ、あるいは新鮮さ、斬新さというものも加味されて、実に奥が深いのです。ですから、カクテルしか飲まないという人がいるというのも良くわかる気がします。ビールやワインのようなお酒に何かを足して割ってみるというのも面白いですよね。

ビールはビールでしか飲まないというのではなくて、ビールと何かを混ぜることによって、何かまた新しい味になるということもあります。そういうふうな工夫をすることによって、ビールがちょっと苦手、という人でもビールを飲めるようになるかもしれません。そういった可能性を秘めているのがカクテルなのです。