カクテルの種類

カクテル各種

カクテル居酒屋だけではなく、バーやちょっとしたお酒を飲ませるところだったら、どこでもたいてい用意されているのがカクテルです。
カクテルもまたお酒を代表する飲み物といえるのではないでしょうか。
そして、カクテルの種類もまた豊富です。それはそもそもカクテルというものが数あるお酒をブレンドして造られているものなので、自然とその種類も無限に広がるというわけなのです。

カクテルというのは、ベースとなるお酒に他のお酒やジュースなどを混ぜてつくるアルコール飲料のことです。最近ではアルコール分を含まない、あるいはアルコールが1%未満のノンアルコールカクテルというのも人気です。

カクテルの歴史は古く、すでに古代ローマや古代ギリシャ、あるいは古代エジプトなどでもカクテルのようなものが作られていたという記述があります。しかし、この時代のお酒はもともとあまり品質がよくなかったために、その味を補正するという意味でお酒と別の物を混ぜてつくる、いわゆるカクテルというものが存在したそうです。
カクテルはお酒を混ぜてつくるものですが、その作成技法もいくつかあります。一般的なのがシェイクというもの。シェーカーと呼ばれる容器に氷と一緒に材料を入れてシェイカーを振ることによって材料を混ぜるというもの。このシェイカーを振る動作が様になっていると周りから「おお!」と驚かれたり、関心されたりすることがあり、バーテンダーの腕の見せ所でもあります。

ステア技法

その他にステアと呼ばれる技法もあります。これは、混ざりやすいいくつかの材料と氷を入れたミキシンググラスに注いで、バースプーンなどで手早くかき混ぜるという技法です。これによって、材料を混合するだけではなく、それを冷却することができます。
ビルドと呼ばれる技法は、直接グラスに氷や酒類などの材料を注いでつくる技法です。

カクテルの代表といったらどんなものがあるのでしょうか。それこそ、たくさんあって何を挙げたら良いのか困りますが、スタンダードカクテルと呼ばれているジン・トニックはその代表と言っても間違いないでしょう。

ジンをベースとしたカクテルでもっとも有名なのがジン・トニックです。トニックウォーターは、熱帯植民地で働くイギリス人たちの健康飲料として飲まれていましたが、それにジンを混ぜたところ大好評だったために、第二次世界大戦後に世界中に広まったのだそうです。ぴりっと効いたジンの味とまろやかなトニックウォーターのハーモニーを楽しむことができます。
また使っているジンの種類が違うと、微妙に味が違ってくるのもジン・トニックの面白さです。