お酒のカロリー

気が付いた時に大変なことに…

お酒を毎日のように飲んでいると、いつのまにかお腹がポッコリと出てきた事に気が付く方も多いですよね。
思っていた以上にお酒のカロリーが存在しているため、飲み過ぎるとどんどん太ってしまう可能性があります。
あなたがいつも飲んでいるお酒はどのくらいカロリーがあるものなのか確認しておきましょう。

参考:知らないと危険!? 飲み会でよく飲むお酒のカロリー一覧

高カロリーの代表選手

お酒の中でもカロリーが高く、太りやすいお酒として有名なのがビールです。
「見事なビール腹だね!」と言われるように、ビールが大好きで毎晩のように飲んでいる方は太りやすくなります。
例えば中ジョッキの生ビールは約500ml入の缶ビールとほぼ同様の量になりますが、これだけでも約200kcalもあります。
中ジョッキを2杯、3杯…とどんどん飲み続けることで、更に高いカロリーを摂取し過ぎる結果になります。

ただでさえ太りやすいビールですが、炭酸の効果によって更に食欲が増してしまうことに落とし穴があります。
ビールを飲んでいるとなぜか口が寂しくなってしまい、何かおつまみを口に運んでしまうという経験がありませんか?
おつまみのカロリーが更に加わることで、もっと高いカロリーを摂取することになります。
揚げ物などはかなりカロリーが高いため食べ過ぎには注意してください。

ビールを飲む際には、できるだけ量を控えるようにして、おつまみも食べないかカロリーが低いものを選ぶことをおすすめします。

カクテルも高カロリーに

女性に人気が高いお酒といえばカクテルです。
カクテルの種類によってカロリーはまちまちですが、甘いカクテルはどうしても高カロリーになってしまうため注意が必要です。
例えばカルーアミルクの場合はコーヒーリキュールと牛乳を混ぜたカクテルですが、カロリーは約180kcalになります。
甘くて美味しいため、あまりお酒を飲んでいるという感覚がないため、つい多く飲み過ぎてしまいます。
飲み会の度にカルーアミルクばかり飲んでいると、いつの間にか体重が増えてしまうことになるかもしれません。
飲みやすいカクテルはカロリーが高いものだと考えて、飲み過ぎには注意してください。

アルコール度が高い=カロリーも高い

お酒の中でもアルコール度が高くなっているブランデーやウイスキーは、カロリーが高くなってしまうため注意しましょう。
水やソーダで割って飲むことでお酒の量を減らすことでカロリーを抑えることもできます。
ソーダはどうしても食欲を増してしまい、余分の飲み過ぎる傾向があるため、できるだけ水割りにした方が良いかもしれません。
ちなみにブランデーは主にブドウ、ウイスキーは麦やとうもろこしが主原料になっていますが、カロリーはどちらもほぼ同じくらいになっています。
どちらかといえばブランデーの方が若干カロリーは少ないです。