ビールの美味しさに気づく時

初めてのビールは苦い

ビールは20歳以上になった方が飲める飲み物であり、未成年は飲むことは出来ません。
そして初めてビールを飲むのは大学のサークルや、会社の新人歓迎会などの場合が多いでしょう。
初めて飲むビールはどのような味がするでしょうか?

多くの方が思うのは、初めてのビールは苦いという印象を受ける方が多いようです。
最初のビールは苦くて美味しくなかった、美味しいとは思わなかったけどしばらくは我慢して飲んでいた、などの声があります。
ビールは麦芽から出来ており、苦みがあるのがビールの味です。

これは例えば子供がビールを舐めてみたりすると、苦いという表情を示し、とても美味しいとは思わないようです。
多くの方が初めて飲むビールは苦いと感じた人が多いのではないでしょうか?
しかしそれがいつの間にか美味しいと感じるようになり、大人になると毎日飲む人もいます。
それではいつ頃からビールを美味しいと感じるようになるのでしょうか?

ビールが美味しく感じる年齢

ビールは不思議と最初は苦いと感じても、次第に慣れていき、そのうち美味しいと感じるようになります。
そしてその美味しいと感じる年齢は20代初めの頃の方が多いようです。

泡しか飲めなかったけど、会社の飲み会でとても美味しいと感じるようになった、ビヤホールで飲んで美味しいと感じて飲めるようになった、社会人になって仕事で疲れた後のビールがとても美味しくて飲めるようになった、などの声があります。

このようなことから、社会人になってビールが美味しいと感じる方が多く、また学生時代のサークルやコンパを重ねる内に自然にビールが飲めるようになったという方もいます。

しかし何故苦みのあるビールが美味しいと感じるようになるのでしょうか?
苦みというのは本来は毒が入っているという味であり、通常の人間がその味を感じれば口にいれてはいけないものだと判断します。
しかしこれは、人が生活を送っていき、ビールの苦みは体には毒ではないとわかっていくと、その苦みを味として楽しめるようになります。
そして大人になれば、ビールも美味しいと楽しめるのです。
言い換えればビールが飲めるのは、大人になった証拠かもしれません。

それと同時にビールは苦みだけを楽しむ飲み物ではなく、酸味をのどごしとして喉でも楽しめる飲み物であり、このような飲み物はビールぐらいもものです。
仕事帰りやお風呂上がりのビールが美味しいと感じるのは、冷えているので体を冷ましすっきりするというのもありますが、実は苦みはストレスが多いほど美味しく感じる味であり、このために、疲れたときなどは余計に美味しく感じるのです。
だからこそ、仕事帰りのビールは格別に美味しいのでしょう。