爆弾酒ってなに?

知っていますか?爆弾酒

皆さんは爆弾酒についてご存知でしょうか。
爆弾酒ときくと、なんだか爆発しそうなお酒というイメージがありますよね。
でも、爆発するようなお酒ではありませんので安心してください。

爆弾酒というのは韓国で生まれたもので、ウイスキーとビールを混ぜて作ったもの。
もしくは、こうやってつくったお酒の飲み方のことを指します。
ウイスキーとビールを混ぜるというのは日本ではあまり聞きませんが、韓国ではよく楽しまれているようです。
では、この爆弾酒についてかんがえてみましょう。

アルコール度数が高いお酒です

爆弾酒がどのような場合に作られるのかについてははっきりしませんが、たいていは飲み会で盛り上がった時に作って呑むということが多い様です。
確かに、ウイスキーとビールを合わせるということ自体盛り上がっているときじゃなければおもいつきませんよね。カラオケなどでよく作られるそうで、仲間内で盛り上がって~という時に作られることが多いようです。しかし、ふたつのお酒を混ぜるだけにアルコールの度数は高くなり、場合によっては非常に危険な状態になってしまうこともあるそう。
ウイスキーは自分なりに水や炭酸水、氷で割って飲むのが一般的ですが、そうではなくビールをまぜるというのですから度数が上がることは仕方がないでしょう。
あまりにも度数が高いため、本当に危ないお酒だと認識しておいたほうがいいでしょう。

韓国は儒教文化の影響から上下関係に厳しく、目上の人からの命令でこの爆弾酒を呑めと言われたら断れないという事情も存在します。また、それはかりではなく一気に飲まなければマナー違反とされるそうなので、上司側がきちんと節度をもったお酒のマナーを身に着けることが必要になるでしょう。

いくつかの種類がある爆弾酒

爆弾酒にはいくつかの種類がありますが、その呑み方はやはり「危険」と言わざるを得ません。
現に爆弾酒に関連した事件なども起きており、韓国内でも「危ないのみかたである」という認識はあるようですね。他国の文化とはいえ、おすすめできない呑み方であることは確かですので、真似はしないことをお勧めします。下手すると、本当に命に係わる可能性もあるのみかたです。
お酒はマナーを守って飲むからいいのであって、それを外れて飲むような真似はやめましょう。
時には「急性アルコール中毒」となってしまう可能性もあるのみ方ですので、きちんと楽しめる方法でお酒を楽しむことをお勧めします。むしろ、そうあらなければなりません。