特別な日に味わいたいスパークリングワイン

スパークリングワインを飲んでみませんか?

ワインといえば、最近はスパークリングワインが人気です。
深い味わいが人気で、年代別に人気の種類にも恵まれているスパークリングワインですが、若い人を中心に着々とファンを増やしています。
スパークリングワインの中でも、特徴的なものといえば「シャンパン」でしょう。
シャンパンはスパークリングワインのひとつで、一番有名な種類と言っても過言ではありません。スパークリングワインの中でも、シャンパーニュ地方で作られたものがスパークリングワインとなります。同じ作り方だったとしても、この地域で作られたもの以外はシャンパンとは言いませんのでご注意を。フランス国内で作られたものであったとしても、シャンパーニュ以外のものはシャンパンと呼ぶことはできないのです。

スパークリングワインは、口の中で弾ける上品な味わいが特徴。
日本では女性にも人気のワインで、お祝いごとでよく飲まれています。
シャンパンなどは、それこそ結婚式などで多く用いられ「おめでたい席で飲むお酒」というイメージがありますよね。
ここでは、そんなシャンパンを含めたスパークリングワインについてご紹介します。

参考サイト:スパークリングワインを極める

トラディショナル方式

「スティルワイン」と呼ばれるものを瓶に入れ、酵母+糖分を入れたうえで蓋を発酵させたものです。
ワインを作る時点で一度発酵をさせていますので、この発酵は二次発酵ということになりますね。かなり手間がかかる製造方法で、この方法でつくられるお酒は最高品種と言われるほど。シャンパンも、このトラディショナル方式で作られたお酒ですね。高級なスパークリングワインを作る際に用いられる方法と考えて下さい。

シャルマ方式

比較的簡単にスパークリングワインを作ることができる方式です。
スティルワインをタンクに入れてふたを閉め、二次発酵させることでスパークリングワインを作ることができます。
安いコストでたくさんのワインを作ることができるため、わりと多く使われている方法ですね。

トランスファー方式

トラディショナル方式を簡単にしたものがトランスファー方式です。

スパークリングワインの代表的なものは「シャンパン」ですが、ほかにも「シャウムバイン」「スプモンテ」「エスプモーソ」などかなりの種類があります。どんなスパークリングワインがいいかはお好みで。スパークリングワインといえばどうしても「シャンパン」を連想しますが、それ以外のものにもぜひ目を向けてみて下さいね。